オートバイでのんびりツーリング

GSR250Fからトリッカーに
乗り換えたおっさんのブログ

油圧クラッチを取り付けてみた

2017年05月14日 | トリッカー

 油圧クラッチを取り付けて見ました。

 マグラという製品ですが、セロー、トリッカーに詳しい、タンデムさんというお店で買いました。取り付けの要点も、写真付きで添付され、とても親切でした。やっぱり、プロが経験から導き出した「見本」というものがあるとないとでは、安心感が違います。

 ちなみに、油圧クラッチ取り付けなんて、おっさんにしては、明らかにオーバークオリティなのですが、

 そんなこたぁ、いいじゃないですか。

 たまにしか行かない釣りのために、高級な竿を何本も買う人がいたり、プロでもないのに、高いカメラを何台も買う人もいるじゃないですか。それに比べたら、安いものです。酒もタバコも飲まないし。

 

 で、換えたばかりのショートレバーですが、他の純正部品と一緒に、大切に保管しておきます。

 

 クラッチスイッチのコネクターです。クラッチスイッチは、単なるスイッチですので、短絡したほうが機能的に良さそうなので、そうしました。

 

 部品を次々とバラし、油圧クラッチを取り付け、ケーブルを取り回していきます。部品をバラしていくと、段々と愛着が湧いてきます。

 

 タンデムさんの、写真付きケーブルの取り回し図がありましたので、それを参考にすると、作業が楽に進みました。

 

 最後のキモは、「合わせマーク」のところなのですが、なかなか目視しずらかったのですが、だいたい合っているように思います。ここがズレていると、クラッチ側で調整する必要があるそうです。調整の仕方も、丁寧に記してくださっています。流石!

 夕方、さっそく試走したのですが、クラッチは、やや軽くなりました。それよりも、ワイヤー式は、当たり前のことですが常にレバーに「テンション」がかかっている感じなのですが、油圧クラッチの場合は、ふにゃっとしているというか、軽めの反力とでもいうのか、つながりもソフトな感じです。

 何せ、油圧クラッチは初めてなので、これが正常なのか、どうなのかも分かりません。ただ、試走の範囲では、今までのように停止の前、思ったより早めにクラッチを完全に切ってしまったりすることなく、停止の直前まで半クラの状態が保てるような感じでした。何だか、操作がし易いような印象です。

 今まで、正確なクラッチワークをしようとすると、神経疲れてしまいましたが、そんなに神経使わなくても、クラッチワークが寛容になったような・・・そんな例えです。今までの苦労は何だったんだ!

 まぁ、これから取り付けのミス、クラッチの滑り、異常などないかとか、長い距離を乗ってみて、レバー操作にも慣れながら確認したいと思います。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ちょっとやかましい | トップ | 上山高原に行ってみた »
最近の画像もっと見る

あわせて読む