ぼくが地上を離れる前に

今日はぼくに残された人生の最初の一日・・・この困難な時代の中で、迷いながら、悩みながら、残りの日々を生きてゆく

古希

2017-08-10 14:08:51 | モノローグ
 つい先日、70歳になった。
 別になんの感慨もあるわけではないが、これで医療費が今までの3分の2になるし、バス代がかからなくなるのだけはありがたいかな。
 一つの峠という気はしないでもない。でも、峠というのが、いままで上り坂だったのがここからは下り坂になる、という意味なら、体力の面から言えばとっくの昔に下り坂だし、人生の上での幸福感という意味ではぼくの峠は10歳だったかもしれないので、けっきょくなんの峠だかわからない。
 昨夜、半年ぶりにあった友達と恵比寿のガーデンプレイスでビールを飲んで近況報告をしあった。
 「ぼくは最近だんだん、社会や世間に背を向けた偏屈ジジイになりつつあるような気がする」と言ったら、「あら、前からそうじゃない」と返された。
 うすうすそんな気はしていたのだが、やっぱりね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見田宗介さんの著作 | トップ | 偏屈老人記す »

コメントを投稿

モノローグ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。