真夜中のコーヒー2

介護生活は終わったが、これからも
真夜中、コーヒー片手に勝手気ままに
言いたい放題、憂さ晴らしと洒落こもう

母への詩

2016-10-29 11:20:42 | 雑記



        泣いたりすねたり母さんの

        おせなにおんぶで(だったかな?)

        ねんころり

        おわれて帰る草の道

        これも楽しい思い出よ



      何せ、小学生の時

       転校先の学校で歌われていた歌を覚えたので

       これしか覚えてないし、かなりあやふやな記憶ですが

       とても好きな歌で、母を思い出すとき

       よくこの歌を口ずさんでいました。



       今の学校ではこんな優しいこのようなうた

       教えることも無いようですが。



     そして今では抱っこひもが主流になって

       おんぶ姿もすっかり見かけなくなりましたね


   
     オバはん達にとっては

       子育て時の懐かしい姿でアリ

         なつかしいワンシーンなんですがね





     最もこういうオバはんは

        ほとんどおんぶしたことも

          おんぶされた記憶もないんですけどね



      それでもこのうろ覚えの歌は郷愁をそそります


      
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おむすび食堂 | トップ | スティーブ・ジョブズ のスピ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事