真夜中のコーヒー2

介護生活は終わったが、これからも
真夜中、コーヒー片手に勝手気ままに
言いたい放題、憂さ晴らしと洒落こもう

アラン・ドロン

2017-05-11 19:38:01 | 雑記


         
       かって、一世を風靡したアラン・ドロン


         元気だったんですね



        まもなく俳優を引退すると宣言したとか

      
          そうですか、 一時代の終わり

        私たち世代も

          終わりに近づいているのを感じます<笑




       「太陽がいっぱい」
      
      
         あのメロディーに惹かれて観た映画の

          衝撃的なラストシーン



       私の中ではおそらく観てきた映画の中でも

        ベストワンに入れるくらいのラストシーンでした




       最もアラン・ドロンのファンになるのは

         しばらく後のことになりますけどね<笑
   



 

       テレビドラマで

         歳えて渋いアランドロンを観たのは

          いつ頃だったのでしょうか?





    時は移り  時代は過ぎゆき  人は去りゆくのみ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご免あそばせ<若きリーダー | トップ | 高齢者講習 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時は流れる、、。 (umebati2492)
2017-05-12 14:47:42
遥か昔、、、。?
洋画に凝り、、、。近くに洋画専門の映画館が有り、休みには良く行きました。
「太陽がいっぱい」「たがために鐘が鳴る」「嵐が丘」色々と観ました、
大事な人を忘れていました。
今でも大好きです、「ローマの休日」の女優さん、、、。
時は移り、時代は過ぎゆき、人は去りゆくのみ。
「時の流れですネ」
はるか昔 (つばら)
2017-05-13 17:34:36
コメント拝見して私も思い出しました
故郷の町にも当時洋画、日本画専門館と分かれており
それ以前はニュース専門館もあったようですが。
期末試験が終わると映画館へなだれ込んだものでした。
当時は良い映画がいっぱいだったなというのは<笑
遥かはるか昔の懐かしい追憶
   時のなっがれですね~!!

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。