京都&神楽坂 美味彩花
京都&神楽坂の写真を中心に風景やお店の話題などを綴っています。
 



昨晩は「大文字五山の送り火」に行って来ました。
この送り火は先祖の霊を供養し冥府送るという京都の夏の風物詩です。

今回は出町柳の賀茂川の河原から見ようと1時間前に行ったところ・・・
既に沢山の人です

8時丁度、いよいよ点火・・・
思っていたよりもかなり大きく見え
こんなに大文字を間近に綺麗に見たのは初めてです。
本当に感動しました

実際に見える大きさはこんな感じです。
(三脚無しで撮ったのでかなり手ぶれしてしまいました

コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )



« 京都・文化博... 京都・とろろ... »
 
コメント
 
 
 
きになる!! (すーみん)
2006-08-17 23:55:25
行ったことないので、本当にきになります!!

ぱすてるさんの感動が

伝わってきましたぁ◎
 
 
 
大! (melody)
2006-08-18 05:58:34
実際に見るともっときれいで感激するんでしょうね♪

他のも見た?



私も一度見てみたいです
 
 
 
一度でいいから (ショコラ)
2006-08-18 13:17:34
お久しぶりです



大文字の送り火は一度見てみたいんですよ~

いかにも京都!って感じがいいですね。

やっぱり目の前で見るときれいなんでしょうね・・・

 
 
 
すーみんさん (ぱすてる)
2006-08-18 13:30:09
以前遠くから見たことはあるのですが

こんなに間近に見たのは初めてでした。

写真やテレビで見るのとはまた違って

やはり迫力がありました~
 
 
 
melodyさん (ぱすてる)
2006-08-18 13:31:45
実物は大文字の「大」しか見たことが無いんですよ~

点火時間がそれぞれ微妙に違うのですが

10分位しか差が無いので

一度に2箇所見るのはちょっと難しいそうです。
 
 
 
ショコラさん (ぱすてる)
2006-08-18 13:35:57
おぉ~!ショコラさん、お久しぶりです

実は私も京都にいながら大文字を間近に見たのは

今回が初めてで本当に感動しました。

確かに、これぞ京都ー!という感じです。
 
 
 
すごーく・・ (サト)
2006-08-18 15:11:45
見てみたいもののひとつ・・送り火・・

過去から継承されている行事とか・・本当に

気になる・・どういう思いから始まったのか

それを始めた人たちの思いとか・・興味は

尽きません(笑)
 
 
 
サトさん (ぱすてる)
2006-08-19 16:38:48
そうなんです~この送り火も

室町時代から江戸時代以後京都の年中行事となったらしいのですが

はっきりしたことは分かっていないようです。

いつまでも敬称されていくって何だかロマンですよね。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。