TOSHIの鏡

70代の五感で捉える日常の襞(身辺雑記とSHOTS)

壊れ

2017-05-19 16:51:20 | 映画

今年度のオスカー賞で、

 主演男優賞と脚本賞に輝いた、

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観た。

はっきり言って、

ここ数年間の映画ベストワンだろう。

アメリカ映画ともハリウッド調とも、

一線を画す語り口である。

ケネス・ロナーガン監督自らが書いた、

 脚本の素晴らしさは、

映画を志すものには教科書になりそう。

  物語については、

ぜひ映画館で体験してほしい。

 ケイシー・アフレック 男優賞に異論なし

  簡潔な台詞と 抑制された演出

 クローズアップがない!? 静謐な映像 素晴らしい音楽

 見終ってから、

人物の心情が深く濃く思い出される。

 心が壊れた人たちの、

 それぞれの哀しみに涙した。

、、、

映画館から帰宅して、

共謀罪が衆院委で裁決強行されたと知る。

この国は、

何処まで壊され続けるのか?

©

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羨望 | トップ | 一髪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL