TOSHIの鏡

70代の五感で捉える日常の襞(身辺雑記とSHOTS)

自在

2016-10-28 17:21:32 | 映画

 実際に起こった事柄を、

物語として着地させるには、

 よほどの想像力を動員する必要があるだろう。

  まして208秒間の事実を抽象し、

 受け手を感動させるドラマにまで飛翔させるには、

  もう才人の技でしか叶わないと思う

クリント・イーストウッドの最新作、

 「ハドソン川の奇跡」を観た。

厳寒の紐育ハドソン川に無事着水 155名の乗客を救う

賞賛された機長の葛藤と懊悩 事故の真実を描くヒューマンドラマ

まるで、

ジグソーパズルのピースを組み立てるが如く、

上下左右前後にショットを繰り出す。

しかも、どこにも過不足がない、自然なのだ。

 作り事の匂いをまるで感じさせない。

これほどのスケール大きい映画を、

まるで日々のtwitterでも書くように? さりげなく表現する。

1930年生まれ86歳。

 まさに、

 遊びをせんとや生まれけむ、

 とする境地に至ったようである。 

©

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 格別 | トップ | 難局 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL