人事労務管理雑感 カウンセリング ときどき政治経済まれに経営

ゆめと(ttm21)です。所感、エピソード等を気ままに綴ってみたいと思います

最も強いものが、あるいは最も知的なものが、生き残るわけではない(ダーウィン)

2017年08月04日 | カウンセリング

 表題の後には「最も変化に対応できるものが生き残る」と続きます。
これはチャールス・ダーウィンの言葉で、和田隆さんが講演の最後の締めくくりに
引用した言葉です。和田さんはメンタルプラス(株)代表で日本産業カウンセラー
協会キャリアコンサルタント講座のチーフトレーナも勤められています。

 

 印象に残ったことを書き出します。

*ライフラインチャートを書いてみよう
 ・縦軸に0~100の点数、横軸に年齢を書き、満足度を1本の線で書く

*職業能力開発に関する理解を深めるためには、社会経済の現状を把握する
 必要がある
 ・社会の変化、労働人口の減少、雇用就労状況の厳しさ等

*組織に内在する多様な問題がパワハラとして顕在化する

*海外赴任者への支援は「赴任前」「赴任中」「帰任後」ときめ細かく
 対応する必要がある

*役割変化への適応支援は「過去の役割喪失への支援」と「新しい役割
 獲得への支援」の両方が求められる

*適応を阻害する要因を抽出して「外からの視点: 職務、役割、期待等」
 「内からの視点: 能力、経験、価値観、欲求等)両面から対応する

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天才中学生の原点<モンテッ... | トップ | 重要なキーワードは『孤立』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カウンセリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。