人をののしる統一教会員

私は早川。卑怯者SAKAが許せない。
コメント欄を開放せずに人をののしるSAKAのブログを完膚無きまでに叩く。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

兄弟ブログを開設

2010-08-02 14:48:43 | 阿呆
ここは「人をののしる統一教会員」であるSAKAを批判するブログなので、ヨシュア2002くんを批判するには場違いとなる。よって、下記に兄弟ブログを開設した。ぜひ足をお運びくだされ。

ブログ「反カルトからの自由」

ヨシュア2002くんのブログ「カルトからの自由」とデザインが似ているので、間違わないように気を付けてね。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

総決算:SAKAブログ魚拓リスト

2010-07-31 16:39:08 | 阿呆
SAKAくんのブログは、小康状態が続いている。「インターネットという媒体ばかり使わず」、「現場で汗を流して」いく所存だということだ。むろん、今後ブログでどのような動きをするか分からんが、多少なりとも反省しておるようだから、以前のように米本氏の批判はしないだろうと推察される。

米本氏から「SAKAさん以上にメチャクチャ書いている清水牧師を、徹底的にやりたい」とのお誘いを受けたので、この不肖・TT早川も加勢させていただくことにする。農作業をしながら戦線に赴くわけだから、系列会社社長殿の恥ずかしい現実を見てへこんでカラ元気もなしくたSAKAくんの相手などしておられんな。

もちろん、SAKAくんがまたぞろ米本氏の批判をしやがったら容赦はしない。清水牧師と共に絨毯爆撃で一掃しちゃうぞ。おとなしく「現場で汗を流して」いることだな。SAKAくんがどこの誰なのか教団本部も把握しているようだから、へたに動くと昨年の騒動の責任を取らされるぞ。米本氏情報によれば、今は教団もコンプライアンスを相当に重視しているらしいから、昨年の暴言の数々、名誉棄損事案などを徹底的に追及されるぞ。

早川が昨年教団本部に送り付けた通知文は、時限爆弾みたいなもんだ。SAKAくんは「インターネット上の偽装脱会」で「なかったこと」にしたつもりだろうが、教団本部では未だに起爆装置が解除されておらん。ほとぼりが冷めたと思って、またバカなマネをすると、「あの野郎、おとなしくなったから見逃してやっていたのに、また始めやがった。もう許さん!」と時限爆弾が爆発しちゃうから気をつけな。噂によると、梶栗玄太郎会長はすっげえ怖いらしいよ。今、拉致監禁の問題でぴりぴりしているらしいから、火に油を注ぐなかれ。

今度はインターネット上の偽装脱会では済まされんからな。亀のように首と手足を引っ込めて、しおらしくリホームの現場で汗を流していることだ。言動には十分注意しな。

ここまで言っとけば大丈夫だろうな。清水牧師けちょんケチョン大作戦をSAKAくんに邪魔されたくないので、あえて言っておいた。


さて、米本氏にWeb魚拓のことを話しておったら、SAKAくんのブログの魚拓をたくさん取得していたことを思い出した。SAKAくんとの戦いの総決算の意味で、今まで早川が取得していた魚拓を下記に列記する。久々に読んでみたら、いやあ~、感心した。かりにも宗教者が、よくもまあこれだけ口汚い言葉で他人を批判できたものだと思う。しかも自己中の論理が満載。どこに「為に生きる見本」があるのかしらん。教団本部の皆様も、ぜひもう一度この不良教会員のブログを読んでおいてほしい。

米本氏が言うように、清水牧師とSAKAくんは似ているな、と痛感した魚拓であった。


「このブログを作った理由」2008-09-25 00:01:57

「不況?」2009-02-02 00:46:44

「嘆かわしいキリスト者 嘲笑するモモンさん」2009-04-15 00:29:48

「『人の責任』にする人たち」2009-04-22 22:52:44

「ビラ配りに沢山集まるような予兆が^^」2009-05-23 12:34:17

「新世社長ら7人逮捕」2009-06-11 22:46:11

「田中氏よがんばれ」2009-06-13 22:30:10

「ちょっと勇み足のリーダー」2009-06-16 21:05:20

「言いがかりをつける人たち」2009-06-25 22:06:59

「国家公安委員会への投稿」2009-06-29 23:34:41
「必要性を訴えて、相手が迷ったら起訴らしいです。」2009-07-01 22:44:16
「民主党が政権とったら大変なことになりますよ。」2009-07-04 21:16:35
「有田芳生、焦る。」2009-07-09 20:58:54
「一挙に増えている統一教会員ブログ」2009-07-10 23:49:40
「不安を煽るテキスト発見!」2009-07-12 06:39:32
「徳野会長記者会見」2009-07-12 21:29:18
「やっぱり、都合の悪いことは放送しないマスコミです。」2009-07-13 19:55:29
「自民党が本気出したら・・・。」2009-07-13 22:49:48
「統一教会員のブログ立ち上げられた方へ」2009-07-15 00:50:06


「僕がホントに聞きたい体験談」2009-07-15 21:19:13
「あるコメント」2009-07-16 21:30:33
「統一教会の面汚し」2009-07-18 21:47:58
「お詫び」2009-07-19 12:05:29
「記者会見に希望が見えた。」2009-07-19 20:24:15
「ニュース」2009-07-20 09:52:51
「民主党混乱」2009-07-20 17:45:47
「関西人のジョーク(愛の表現)」2009-07-21 13:12:00
「教会と販売会社」2009-07-21 16:05:26
「掘った井戸を与え続けるイサク」2009-07-21 21:52:54


「共産党崩れのルポライターさん」2009-08-01 20:17:15
「選挙まであと4週間」2009-08-03 21:45:54
「御旨の道」2009-08-05 08:21:58
「共産主義」2009-08-06 20:19:26
「幸せな家庭」2009-08-09 23:30:54
「火の粉の理論に染まった早川と言う人物と助長する人間」2009-08-10 23:24:48
「好ましくないこと」2009-08-13 10:55:27
「ゆきっちさんブログ 訓読会」2009-08-13 20:48:12
「霊の存在」2009-08-14 21:11:52
「踏みにじられた人権・奪われた信教の自由」2009-08-16 12:59:36


「卑劣」2009-08-12 20:48:33

「お知らせ」2009-08-18 23:47:10

「評論家」2010-06-10 23:09:32

「教会員はK.・Y氏と一緒では「拉致・監禁」はなくならない。」2010-07-13 07:39:24

「嘆き・期待・懺悔・抗議・希望。」2010-07-23 23:20:49
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

Viva! 系列会社社長!

2010-07-24 08:06:54 | 阿呆
久々にSAKAのブログが更新されていた。

「嘆き・期待・懺悔・抗議・希望。」2010-07-23 23:20:49

ありゃりゃ、なんだか今までとトーンが違うね。文章も、今までのSAKA丸出しと違い、いちおう良く推敲されているようだ! 驚いたね。何かあったようだな。ちょっと分析してみよう。

先日、非常に残念な思いになってしまったことがありました。
それは当教会系列の会社の社長様と話(メールのやり取りですが)する機会がありました。


ははあ、この社長というのは、統一教団の出版物を扱っている光言社小林浩社長のことだろうな。なぜ分かるのかというと、SAKAが米本氏批判を再開したとき、この早川が分かる範囲の教団関係者に「あのバカを何とかせいっ!」と苦情を送りまくったからだ。その中の1人に小林社長がいた。

去年のSAKA騒動のときも、小林社長は大阪の教団に話をしてくれたと聞いている。今回はきっと、地元の教会ではらちがあかないから、直接SAKAに連絡したんだろう。

さぞかし人格者であり、さまざまな知識を持ち合わせた方なのだろうと思って会話していました。ですが、その社長さんは、最初から挨拶もされないからおかしいなぁ、と思っていたら会話は徐々に少なくなっていき、丁寧な書き方ですが、最後には捨て台詞同然な書き方をされ、そんな方だとはこれっぽっちも思っていなかった私にとって、期待は見事に裏切られました。

そうか? この反統一協会の早川に対しては、丁重な対応をしてくれたがな? まあ、だいたいは想像が付く。SAKAがいつもの調子で屁理屈を述べまくったのだろう。昨年の夏、SAKAを相手にしてきた早川には分かる。

最初は丁寧に対応していた社長も、だんだん嫌気がさしてきた。仕事もあるから、そうそう相手にもしていられんだろう。で、適当なところで会話を打ち切った、というのが真相ではなかろうかな。社長に早川くらいの気概があれば、SAKAを完膚無きまでにたたきつぶしたろうが、まあ同じ宗教を信じる仲間だからな。そこまではしたくなかったんだろう。

人は鏡だといいますので、私がそのような態度をその人にとっていたのだとも思いますが、(中略)
たまたま、そのような決裂されるような方に出会い、私も悪かったのだと思いますが、


おおっ! どうしたことか! SAKAにも自省ということができるのだ! これはマジで驚いた。いつもだったら屁理屈を並べまくって人をののしろうとするのに、いちおう自分の態度を反省している。これは奇跡に近い。気温35度で雪が降るぞ。この社長の功績は計り知れない。さすが、早川が見込んだ男だけのことはある。

そのような方が会社社長として教会系列の会社を采配されているという現状を拝見させていただき、組織は採用するに決してそのような綿密な計画的人事プロセスを得て採用はしておらず、その結果がたいへんな状況をつくりだしているのだと思わされました。

思わず、「ほんとうに、このようなことはたまたまであると言って下さい。」と神様にお願いしました。系列会社は「気品があり、気高く実践されている方」を厳選人事採用していると思っていたかったからです。

祈ってみると、神様の嘆きの表情が見えました。採用はされているようですが、自分の責任をなかなか果たせる人間がいないと言うことが伝わってきたように思いました。


つまりは、SAKAが信じる神は系列会社の社長を厳選採用しているんだが、社長の方が責任を果たしていない。そのことを、SAKAが信じる神は嘆いておる、というわけだ。まあ、「SAKAが信じる神」が本当に存在するのか、単なるSAKAの妄想なのかは外から判断できんので、このコメントの真偽は云々できない。

早川の個人的見解としては、統一協会は逮捕者も出すような非常識集団であることは間違いないので、そういう宗教組織の中で上層部まで上りつめるには相当の非常識な人間なのではないかと思う。信徒が自己破産しようがおかまいなく、高額エンドレス献金を要求し続けられる神経の持ち主でなければ勤まらないから、非常識な連中だ。光言社社長がそのようは人間かどうかは、分からんが、あの科学おたくっぽいブログをみれば、まあ適度に非常識な人間だろうね。

一般の方から私も、「あなたは人の話を聞かない。上から目線だ。失礼だ。」と言われたことが何度もありますが、今回ばかりは「本当にその言葉を真摯に受け止めていくようにしなければ、伝道なんか出来ない。」とも思わされました。

しかし、あのSAKAにここまで言わしめる系列会社社長の力量には、感嘆するね。どんな手法でSAKAに対したのか聞いてみたい。やはり、餅は餅屋か。いくら早川がSAKAを攻撃しても性根が変わらなかったのに、この短期間にここまで性根を入れ替えさせる系列社長に、万歳!

私はいつも教会批判されるK・Y氏のことを批判してきましたが、東京で間近に上層部の方と接していたらそんなお考えにもなるのかもしれないと、少し理解できました。

なるほど。米本氏も非常識教団幹部と接しているので、教団批判をするのも理解できるというわけだ。ここまで譲歩してきたんだね。驚き。

まあ、米本氏が教会批判をする真意はご本人しか分からないから、もし機会があれば真意をお伺いしたい。ただ、米本氏のブログを見て感じることは、SAKAの仮説は表面的なものであり、実際は「教団内部の非常識社会が改善されない限り、信者を拉致監禁する事件がなくならない」ということが真意だと、早川は思っているがな。

表面的な考察だけではなく、もう少し深読みができるようになると、SAKAは今よりも飛躍的に進歩できるぞ。頑張れ。


今回はその社長のはずかしい現実を見たので、また特別に「たいへんだ」と実感させられました。自分としても、これからインターネットという媒体ばかり使わず、先に大きな祝福を受けたものとして、実践で自ら現場で汗を流して善の行動をとって行きたいと思っております。

おおう! Viva! 系列会社社長! あなたの功績は偉大である。もし今後、SAKAが下らんブログを廃止するようになれば、あなたの名は歴史に残されるであろう!

SAKAも「インターネットという媒体ばかり使わず」と未練を残した書き方をせず、「インターネットという媒体は使わず」と書いてもらいたいね。リアル社会で汗を流してくれ。文章がガキレベルの君にとっては、その方が良い。あ、しかし、今回の文章は良かったぞ。ほとんど校閲するところもなかった。高校生くらいの文章能力を実感した。

文章には、その人物の精神年齢が如実に現れる。ぜひSAKAにおいては、リアル社会での体験を通じて精神年齢が成人となってから、ブログを書いてもらいたい。そうでないと、去年以前のように多くの人に迷惑をかけるようになる。

いやあ、今日は朝からいいものを見させてもらったよ。
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと様子を見ようかね

2010-07-18 21:11:48 | 阿呆
良識ある統一教会員の光太郎氏の嘆願もあったので、SAKA批判はしばらく休止することにする。

魚拓は取ったが、一応SAKAが力を入れた長文の米本氏批判を、SAKA自らが削除したからね。もしかしたら反省したのかもしれん、という意味での様子見。それプラス、光太郎氏の良識。これらの理由で批判を休止とする。

もう1つ。これが最も重要なんだが、小生、今、農作業に熱中しているんだな。そっちのほうが楽しくての。

短い文章の米本氏批判は残っているが、あまり「いびりがい」もない文章なんで、反論に値しないし。

ま、そんなわけだから、SAKAくん、とりあえず安心したまえ。しかし、再びバカな米本氏批判を開始したら、やるよぉ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Re:教会員はK.・Y氏と一緒では「拉致・監禁」はなくならない。(1)

2010-07-17 15:08:35 | 阿呆
老後にはじめた家庭菜園の草刈りで忙しくてね、SAKA攻撃ができずにいた。おっと、こんなことを言うと早川の居所がSAKAにバレてしまうかな。大雨の地方では草刈りなどできんからな。まあ、SAKAにはそんな能力はないから心配ないけどな。(おおわらい)

さてと、せっかく取っておいた魚拓だ。早く吟味しようかね。まずは、また書き直しされていなかチェックしないとな。(と、SAKAブログを見る)

おや、教団が制作した映像を貼り付けてあったけれども、全部リンクに変わってるな。早川のメールが効いたのかな? それとも教団本部からお叱りがあったのかな? とにかく、教会員ではないと自称しているSAKAには、教団に著作権がある映像をブログに勝手に貼り付ける権利はないからな。教団に訴えられなくて良かったな。教団も、大迷惑をかけて自主退会した元信者には容赦しないだろうからね。

よほどビビッて慌てて対応したようで、リンクがちゃんと貼られているものとURLだけ露出しているものとがあるな。HTMLタグを駆使するのもSAKAには難しいんだろうな。しかもビビッていればなおさら。早くキレイにリンクが貼れたらいいね。

さてと、今度こそ本題。書き直しはないようだ。では、下記の最後の魚拓から抜粋しつつ、攻撃を再開しましょうかな。

「教会員はK.・Y氏と一緒では「拉致・監禁」はなくならない。」2010-07-13 07:39:24

引用部分は赤字で表記する。

まずタイトル。

教会員はK.・Y氏と一緒では「拉致・監禁」はなくならない。

出たよ~。のっけから日本語になっていない。どうしてこうもSAKA丸出しになるんだろうかねえ? これを書くなら、下記のいずれかのようにしないと、意味が通らんぞよ。

1)教会員とK.・Y氏が一緒では、「拉致・監禁」はなくならない。
2)教会員がK.・Y氏と一緒に何々をしていては、「拉致・監禁」はなくならない。

つまり、主語とは何か、述語とは何か、という文法の基本がなっておらん! 恥ずかしいねえ~。1年間謹慎していて、少しは日本語が上達していたかと思いきや、のっけからこれだ。呆れ果てますわい。

しかも、細かいことだが、「K.・Y」って、「K」の後に「.」があって、また「・」を入れているんだよね。本文には「.」はなくって中黒の「・」だけになっている。どう見ても「K」の後の「.」はいらないだろうよ。のっけのタイトルからこうだよ。先が思いやられるね。

K・Y氏は「拉致監禁は是か非か?」でブログで議論をしている。

「で」がダブってるよ。へったくそな文章だねえ~。小学生レベルだろ、これ? 人様に向けてブログを公開しているんだろう? 50過ぎのいい歳こいた大人がこの程度の文章を人様に公開するなんざあ、愚の骨頂だよ。文章で飯を食っているジャーナリストを批判しているのに、おまえの文章がガキレベルでどうするんだよ? 恥を知れ。

こう書くんだよ。

K・Y氏はブログにおいて、「拉致監禁は是か非か?」というテーマで議論をしている。

どうだ。これで少しはまともな文章になったろう?


K・Y氏の理論は「拉致監禁は無くすべき!」と言う観点ではない。
「拉致監禁は是か非か?」というような理論は極端に言えば、反対派の人と同じ理論を持っている人物である。


あううっ…。なんだ、こいつは「拉致監禁は是か非か?」ということを、議論の「テーマ」として捉えていないんだ。「拉致監禁は是か非か?」は「理論」ときた!

理論? 「拉致監禁は是か非か?」が理論? え? え? ええ~?

ダメだこりゃ。早川まで頭がおかしくなりそうだ。このSAKAの長文読解には、まだまだ時間がかかりそうだ。とりあえず、休憩させてくれ。
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加