哲仙の水墨画

デジカメの風景写真、四季の草花、水墨画、書、短歌などを楽しみます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牧場に牛は見かけず(水墨画)

2017-03-21 07:09:17 | 水墨画
暦では春と言へどもお彼岸の
野は冬枯れて放牧はなし       樋田哲仙

 まだ、草萌えには少し間がある。冬枯れたままの牧場には放牧された牛は見かけなかった。たまたま時間が早くて見かけないだけか、草がなくても時には運動のおために放牧することもある。岡山・蒜山高原は赤牛のジャージー牛ばかりである。牛乳が少し濃い目と聞く。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今集第八百六十二番かりそ... | トップ | 延福寺庭園(写真) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水墨画」カテゴリの最新記事