哲仙の水墨画

デジカメの風景写真、四季の草花、水墨画、書、短歌などを楽しみます。

古今集第八百十八番荒磯海の(書)

2016-11-08 06:34:39 | 
荒磯海の浜の真砂と頼めしは
忘るることの数にぞありける        詠み人知らず

 岩だらけの浜の砂が数えきれないように、二人の愛は永遠だと、しきりに私は信用されたけど、砂の無数は忘れることと同様なことです。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日光街道杉並木(写真) | トップ | 中菊小菊の盛り(水墨画) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。