あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

つつじが岡

2017-04-29 22:23:56 | 植物


 何だかよくわからない説明ですが・・・・
 この燃えるような赤いつつじはなんという種類なんでしょうか。みつばつつじ?



 小高い岡の上のお宮にたくさん咲いているのですが、看板にはお宮の名前すらありません。わからないことはまだほかにも。
この地に一列に並んで茂り自生していた」このあたりではなくこの地と限定するのはどこのことか。このお宮の地所であるならば、「保存栽培」ではなく「手入れして保護した」ということか。それとも近くにあったのをお宮に移植して栽培したということなのか。



ときの宮司」とはいつごろの宮司なのか。このお宮が建てられたときを言うのだろうか。



 さらにさらに
「社殿が火災にあったとき、このつつじの花が燃えるように赤いので災いを起こしたと見間違えられ
火災の原因がこのつつじが引き起こした災いだと考えられて、いわば冤罪で切られたということか、それとも、遠くから見ると社殿が燃えているのと見間違えて紛らわしいので、切ったということか。


 いやあ~、重箱の隅をつつくようなクレームですみません。でも、この看板、もうすこし正確に表現できないものでしょうか。一応教育委員会がたてているんですから。

 でも、看板はともかくつつじの美しさには変わりはありません。今は60本?昔は数百本。一斉に咲きそろったときはどんなにかすごい景色だったことでしょう。

 特に美しいのは建物の裏側です。




 何年か前に父を連れて来たとき、長い階段を上りあぐねたのですが、車で上れる道があることを教えてもらい、おかげで気軽に来れるようになりました。そしてここに来るまでの道がまた美しいのです。



 ため池の周りの細い道を上ります。新緑に映えてつつじの赤の鮮やかなこと。父は
「おお、これはきれいじゃ。周りの緑によう似合うとる。」
と、しごくまともな反応。96歳のお母さんを介護している友人によれば、こんな風に会話が成り立つのなら認知症はまだたいしたことない、というのですが、つつじのことを桜というのはどうなのよ。
ちかごろめっきり足の弱くなった父は、もう、車からは降りず車窓から眺めるだけでした。ちょっと降りて見ればこんな景色も見られたのに。




 書き終えて気がつきました。写真サイズがいつもより小さい。せっかくの美しさが半減されるかな?でも面倒なのでこのままにします。すみません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 布と革の花ひらく染色展 | トップ | 雑草との戦い 春の庭編 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つつじが岡 (りんご)
2017-04-29 23:17:41
あた子さんのおっしゃってること、納得です。
みつばつつじと言うのでしょうか?
きれいですね~
あた子さんのような娘をもってお父様お幸せですね。
くすくす!^m^ (慧竿)
2017-04-30 04:48:40
山つつじ ですねぇ!!

新緑が萌えだした頃の
  色のコンビネーションが
    特に見事なので

渓流釣りのシーズン初期の頃には
見事な景色に癒されたものですが・・・・(*^_^*)

確かに説明分だけでは
何のことやら!?ですねぇ($・・)/~~~

でもお社の造りも
 鳥居の造りも見事ですから
(厳島神社と同じく
 両部鳥居形式ですね!)

格式の高いお宮さんみたいですね!

何処に在るのかすら知らんけど^m^
りんごさんへ (あた子)
2017-05-02 21:48:51
はっきり言えば日本語がおかしい。そう思いません? 前に行ったときは、花の美しさに驚いてろくに読みもしなかったので、今回はしみじみと読んでみました。
男親って、訪ねて行っても話すこともなくつまらないものです。なのでせっせと連れ出してはいますが、だんだんと行動範囲は狭まっています。ただ、前に行ったところでも初めて来たように喜ぶので、それが救いですかねぇ。
慧竿さんへ (あた子)
2017-05-02 21:53:35
緑と赤とのコンビネーション-父もそう言っておりました。それだけ聞くとしごくまともなようなのですが・・・・
看板には神社の名前すら書いてないでしょ?わたしも忘れていましたが、調べてみましたら2013年の5月13日にこの場所のことを書いておりました。思い出しました。丹原町の高知八幡神社でした。

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。