あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

花巡りの旅 房総半島2

2017-03-06 23:52:12 | 旅行
 濃溝の滝をあとにして、バスはいよいよ房総半島フラワーロードへ。名前からして期待度大。しかし、行けども行けどもごくふつうの集落や枯れ草の荒れ野がみえるばかりで、花の色が見えません。
 フラワーロードと言うからにはせめて道の所々に花が咲いていたらいいのにーとは南国育ちの勝手な言い分かしら。うちの方だと、今の時期には小さな空き地にパンジーが植わっていたり、庭の花木に花が咲いていたりで何かしらの花を見るのですが、少し寒いのでしょうか。
 千倉という町に入ってようやく、花畑らしきものが見えてきました。
 道の駅にバスを停めて

 あまりお客がいない・・・・
 道の反対側に



 小さな花屋さんが並んでいました。その奥が花畑になっています。よくテレビで見かけるストックやキンセンカの花畑。ここは花の摘み取り体験ができる場所なんです。

 細い通路を歩いているとストックのいい匂い。ここは畑の持ち主にお金を払って花を摘むらしく、畑によって栽培している花の色が違っています。だけど花の種類は、ストックとキンセンカとポピーともう一つ(名前を忘れました)



 

 旅行最終日だったら摘んで帰れるのに~



  いや、やっぱりだめか。



 土の見えないアングルで撮りたいんだけど・・・・花の絨毯みたいでしょ?



 この時間摘み取り客は見えず、通りすがりの観光客だけでした。しかも、気温が下がってきたため寒冷紗をかけて店じまいするところが増えてきました。



 こうやって春の花を咲かせてたんですね。
 お店を覗くと、確かに切り花は安い。シーズン終わりになると鋤き込んでしまうのでうんと安くしてくれるんだそうです。だけどこんなに安くて、こんなに客がまばらでやっていけるのかなあ、とよけいなおせっかいの心配をしてしまいました。単に時刻が遅かっただけなのかもしれないし。

 夕方が近づいて、私たちはもう一箇所まわります。夕日がきれいだという野島埼灯台。



 しかしこの日はあいにくの曇り空。奇岩の連なる海岸には荒波が打ち寄せていました。



 そしてここも店という店はすべてシャッターが閉まり、観光地とも思えない寂しさでした。わたしたちのテンションも下降気味。 その上・・・・明日は伊豆大島に渡ります。でも、天気予報通り夕方から雨になりました。 
 そのあとホテルの部屋がすてきだったので元気を取り戻しましたけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花巡りの旅 房総半島その1 | トップ | 花巡りの旅 伊豆大島 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
結構南まで行ったんだ!?^m^ (慧竿)
2017-03-07 14:04:53
千倉・・て($・・)/~~~
・・・・わざわざ・・・???\(◎o◎)/イミワカラン?

然も、伊豆大島て・・・(;一_一)
あぁそぅか!
有明か竹芝辺りで乗るのかぁ!?^m^

千倉まで行ったら海の匂いが違うでしょ!?
富津辺りから匂いが変わって来るもんなぁ!!^m^

それにしても・・・
関東まで行って田舎めぐりとは・・・(^◇^)
こんにちは (みーばあ)
2017-03-09 11:24:44
何時もこっそり訪問させて頂いてコメントは初めて~
始めまして
関東にお越しだったんですね
南国からのご訪問
少々がっかりされたかも~
お花畑
フラワーロード、あまりお花無いですよね
千倉の方は花畑有りますが
ハウスだったり
露地栽培は限られていますよね
大島
お天気になりますように
慧竿さんへ (あた子)
2017-03-10 23:15:42
いいんです、わたしたち田舎好きの二人です。とはいうものの、一足早い春を求めるのはアホだったですねえ。
みーばあさんへ (あた子)
2017-03-10 23:20:21
ようこそ。わたしもこっそりお邪魔してました。
がっかりというわけではないんですよ。なんとなく自分が住んでいるところの感覚で想像してたなあ、と気づかされたのです。それにしても田舎の観光地はどこもさびしいですね。地方の疲弊はうちの方だけじゃないんだと思い知らされました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。