g.gの雑記帳

onion-project.com活動日記改め、g.gの雑記帳にしました^^

ナツシロギクが、増えて困ってるんだけど… 生きものウォッチ実施中^^

2017年05月15日 09時40分01秒 | 生きものウォッチ

ナツシロギク

学名:Tanacetum. parthenium
和名:ナツシロギク
英名:Feverfew
別名:マトカリア
科名:キク科ヨモギギク属

原産地:南東ヨーロッパ
形態:多年草(札幌では)
草丈/樹高:15~100cm程度
開花期:5月~7月
花色:白、黄
耐寒性:普通
耐暑性:やや弱い

ナツシロギクは、ヨーロッパなっで古くから庭に植えられてきた伝統的な薬用のハーブでデイジーに似た可愛らしい花をつけます。
一般には、高温多湿に弱く夏越しできないので、二年草として扱われていますが、本来は多年草です。夏が比較的涼しく降雪量の多い札幌では、夏越しも冬越しもでき、種でも株でも増えるんで増えすぎて困ってます。ごめんね、最近、ちょっとじゃまもの扱いしてます。
園芸では、マトリカリアと呼ばれていますが、以前マトカリア属に分類されていたことがあった名残で今もマトカリアと呼ばれてるらしいです。紛らわしいですよね。マトカリア属の有名な植物は、1年草のジャーマン・カモミール(Matricaria recutita)があります。一般にカモミールと呼ばれているのがこのジャーマン・カモミールで、カモミールと呼ばれる植物には、多年草のローマンカモミール(Chamaemelum nobile)があれますが、別の属に分類されてます。もぅややこしいですね。

・マトリカリアとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-794

薬用ですが、その科学的根拠には、乏しいようですね。

・ナツシロギク|効果効能・選び方
http://www.reluck.com/genki_kirei/natsushirogiku.html

増やし方:株分け、タネまき、さし芽で増やすことができます。

まだ、
途中なんですが、
本来ならこんくらいの情報を、
提供しなきゃいけないんでしょうが、
まだまだ出来てません。

花の咲き方には、
2通りあって、

これ、
これは、
ポンポン咲きと言うらしいのですが、
こっちの方が、
人気抜群。

でも十分かわいいんですが、

比較しちゃだめなんだけど、
どうしても…

ただ、
どちらのタイプの花が咲くかは、
咲いてみないと、

どっちか分かんない。

そして、
他じゃ、
なかなかうまく育たない。

じゃあ邪魔にしないで、
増やせばいいじゃないって、
言われそうですが、
そんなことしたら、
庭中、
ナツシロギクで、
覆われちゃう。

それだけは、
勘弁してください。

もっと日持ちがよければ、
もっといいんだけどね。

いまは、

どのタイプの花を咲かせて、
くれるんでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年(平成29年)5月15日(月... | トップ | 2017年(平成29年)5月15日(月... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL