一人舞台

社長のよもやま話

温故知新

2016年10月17日 12時10分26秒 | 旅行

何かと忙しく、長らく投稿が空いてしまいました。

 

私の好きな言葉の一つに皆さん御存知の『温故知新』が含まれます。

古きを温め新しきを… いい言葉ですね。

私、仕事の一つとして古い物を再生する仕事を事をしています。

リフォームを兼ねた「店舗や工場のデザイン及び工事」を行っている訳です。

例えば… 築40年以上の工場を

Before

              ⇓

After  外装

After  内装

 

そんな折、新たに店内のデザイン・工事の御依頼を頂きました。

工場・飲食店舗・小売店舗を一同に構える創業明治45年の製麺屋さんです。

ご依頼頂いたのは築60年以上経過する趣のある小売店舗棟。

 

シンプルモダン等々、検討するも地元で年配のお客様が多いとの事にて

日本感を出す、「純和」仕様に決定。

Plan imege

 

家長様のご希望にて

今では滅多に使われる事の無い極太の梁。歴史感漂う飴色の千本格子を生かす

一部、大谷石の壁面をリクエスト頂く。

長い歴史の中で、思い出も詰まっておられる事でしょう。心得ました。

 

何でも新しい物にしたがる私の生活。

人・物・全てがそうですが、古い物の良さを理解して大事にして行かねばなりません。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己満足 些細な至福 | トップ | ぶらり 日光 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。