サバイバーからスライバーへ そしてわたしへ

~それでも、今日も生きている私。。闇夜から光の朝へのカウントダウン~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一歩、一歩。

2007年05月07日 | 師匠(先輩)の言葉
私の宝物。それは、師匠(先輩)からの言葉である。
くじけそうになったとき、自分が嫌になったとき、自暴自棄になったとき。。
折に触れて、師匠の言葉に触れてみる。
その一節・・・。


「心」というのも「ブランコ」と一緒で徐々に揺れ動かしながら、行ったり来たりを繰り返して、徐々に、徐々に、勢いがついてくるんです。

悪い習慣が徐々に身に付き、生活に染み込んでいくのと同じように、善い習慣も成長のための
「プロセス」を必要とします。

以前の私もそうでしたが、自動車のように楽で早く、ピューン!と何処かへ行けるワケではないんです。ましてや誰も運んではくれません。

自分の足で一歩、一歩、歩くから脚力が強化されるんです。
【成長とは、その過程である】という言葉もあるくらいです。

過程(プロセス)こそが、自律心という樹を育ててくれるんです。
これは自然の摂理です。


一歩、一歩、血を吐き、地を這うのが、成長なんです。
「完成された自分」なんてないんです。
ですから、迷いながら、戸惑いながら歩いていくので正解なんです。


一生が、成長のためのプロセスです。
私が尊敬している稲盛和夫さんという方はカリスマ経営者といわれる方です。
このかたも、やっぱり仏教をベースにしているし、得度も受けています。
で、この方も「成功も修行です」と言ってます。

失敗や挫折だけが修行ではないんです。
生きている全てが成長のための修行なんです。
良い事も、悪いことも全てが修行なんです。
人生で起こる全てのことが成長の過程なんです

一生が戦いです。克己です。

ですから、ブランコを漕ぐように、不断に継続することが大切なんです。
最初は小さく弱い揺れでも、段々、大きな揺れになって、やがて止まらなくなるんです。
ヴィパッサナー瞑想と仏教の勉強は続けて欲しいと想います。


結果を焦らないでください。
上記の文章を繰り返し、頭に叩き込んでください。
それが血となり、肉となるまで不断に努力することです。

それ以外に筋肉を鍛える方法があるでしょうか?
自転車に乗れるようになるのに、努力以外の方法があるでしょうか?

上半身は些細なことにも敏感に反応する、のぼせ上がる、反射的に行動する、一時の感情に支配されやすい、気にしやすい、印象が残りやすい、妄想しやすい、影響されやすい、閉鎖的になりがち、欲望の支配されやすい、・・・等々の性質を持っています。
こんな上半身をドッシリした、何者にも侵されない「丹田」で見据えるんです。
冷酷なまでに、自分を観察するんです。

また呼吸を丹田で感じるようにもします。「ふくらみ、ちぢみ・・・」です。

こんなことをして意識が丹田に集まりやすくなると、あら不思議、急に小学生時代の懐かしく温かい感覚が蘇ってきたり、自然と一体になったような感覚になったり、悪霊が落ちたようなスーッとした感覚に襲われます。

そうすると、ありのままがありのままに見えるようにもなります。

まあ、そんなにしょっちゅう上手くはいきませんが、徐々に楽になってくると想います。

いずれにしても不断の努力です。
工夫、研究、努力、実践です。
これこそが自然の摂理、成長のプロセスです。

それが「自律心」の成長にも繋がるんです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わり始めた、わたし。 | トップ | 諸法無我 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (若葉)
2007-05-11 15:16:54
素敵な文章ありがとうございます。
そうですよね、ブランコみたいに揺れていますよね。
それでも、少しずつ習慣化されますね。
善いことも悪いことも。
少しずつ善いことを習慣化できるといいなと思います。
それから、焦らない事は、今の自分にはとても響いた一言です。
素敵な師匠を持って幸せですね!
またこんな素敵な文章書いて下さい。
どうもありがとう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
飲食店経営 (飲食店経営)
こんにちは。 始めまして(^^) 私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。 ブログにも紹介させて頂きました☆ もしよかったら私のブログにもTBよろしくお願いします。