日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



本日は華門楽家を雑誌「Memo(ワールドフォトプレス)」で紹介していただけることになり、その取材日。

今回は「車好きな建築家」として建築を紹介しながらも車のインプレッションも行った。
その紹介した車はシトロエンC3プルリエル

C3のソフトトップバージョンであるプルリエルは車内と外との境界を無くしスパイダー形状にできる代物。華門楽家の持つ外に向けた開放感とあえて閉鎖的にしている空間との対比を交えてお話しさせて頂いた。

実は華門楽家は住宅ライターである高木良子氏の自邸でもある。

高木先生には多忙の中、取材にも参加していただき、お仕事とは逆の取材される側を体験していただいた。

最後は極寒の中、ルーフ全開でドライブさせてもらったのだが、うん、とても楽しい車。
普通じゃない面白車を探している方、オススメです。

Memo4月号 2/25発売!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« スタッフ・研... フライトプラン »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
地震記事でのひそかな楽しみ (おかっぱ住宅ライター「高木良子」の取材と自邸)
先日某住宅誌に書いた地震記事には、実はちょっとしたワタシダケのお楽しみがある。 といっても、ささやかなものなのだが・・・ その記事の内容は、ある建築士と主婦のキャラクターが対談形式で話をすすめていくという 体裁をとっているのだが、その博士と主婦...