日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



現在、実施設計がはじまったばかりの戸塚Tハウス。
若いご夫婦の住宅で、ピアニストのための音楽室がある住まいです。

音楽室といっても、そのあり方は様々。
とくに個人のための音楽室となると、一般的な教科書にあるものだけを検討するのではなく、好みの音質を考えながら作り込んでいくことができますね。

また、木造住宅で防音性能を維持するのも一工夫必要です。
しかもただ防音するだけではなく、音響も考慮しながら進めていかなければなりません。

しかし音って言葉にするのが難しいなぁと常々思います。
音そのものは物理的な話なんでしょうけど、音楽となると表現が難しいですよね。

引き続き施主とともに試行錯誤しながら、ご満足いただける音楽室のある住まいとなるよう進めていきたいと思います。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 住まいの主役は? 趣味のあふれる家 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。