哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

個人として集権的な影響力

2016年02月25日 | yyy50 スペシャリストの悲しみ


スペシャリストは社会に対して強力な影響能力を持つがゆえに存在感が強い。大きな集団の中で個人として集権的な影響力を持っています。そうして、権力を握る。あるいは高収入を得る、あるいはヒーローになる、ということが可能となります。そうした属性をだれもがうらやむことは当然でしょう。









拝読ブログ:

日本の情報孤児化の加速 既得圏溶解とマスメディア閉鎖空間



拝読ブログ:




「労働市場を通した自主化の高まり」の前に空しく響く「要求実現型労組活動家の訴え」



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひそかな願望 | トップ | 人並外れた能力 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。