哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

長命の画家

2017年01月29日 | yyy55長寿と夭折


荻須は自分の絵の個性に自信を持っていたでしょう。そうでなければ六十年も描き続けることはできません。しかし、画家の名もよく知らない素人の私たちから見ると、佐伯が死んだ後、荻須は佐伯が描くはずのフランス風景を描き続けていたような錯覚を感じます。あるいは、佐伯が死なずに書き続けていたならば、荻須は違う絵を描いていたのではないか、という想像もしたくなる。そしてあれほど長命の画家にはならなかったのではないか、というふうに思いたい気になります。








拝読ブログ:

星岡の1月 ・・・ Hoshigaoka Jan. 2017



拝読ブログ:

左右のモンダイ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 客地で夭折した | トップ | 佐伯の絵は未完成か? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。