哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

男性女性の二形分類

2016年10月18日 | yyy54性的魅力の存在論


端的に言えば、二形的な差異があればよい。差異が明確であればそれが性的魅力になる、ともいえます。髪が長い短い、声が高い低いとか、赤いランドセルか黒いランドセルか、どちらのトイレに入るか?つまり性差、性的アイデンティティはどれも性的魅力になります。人類の形体は男性女性の二形分類となり人類の認知系はその分類に対応して敏感に反応する。少なくとも最近数十万年の間にそうなるような進化があったからです。








拝読ブログ:

【下着モデルまとめ】そんなに見えちゃっていいんですか……新宿『ピーチ・ジョン』 の街頭看板を半年間じっくり追ってみた!



拝読ブログ:

「五人そろって」どころじゃない四天王の話~この手の数合わせにはつきものの問題なようです~



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカートをはいている人 | トップ | 行動の性的非対称性 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。