哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

佐伯の絵は未完成か?

2017年01月30日 | yyy55長寿と夭折


もし、円熟した荻須の絵が完成形であるとするならば、佐伯の絵は未完成の価値が低いものである、ということになる。佐伯は短命であったがゆえに人気は出たが、その作品は価値の低いものであるのか?もし逆に、佐伯の作品が別の意味で美しい完成形であって最高の価値に達しているとすれば、佐伯が生き残って描き続けたとした場合、その後年の作品は陳腐化し劣化していくだけであるのか?








拝読ブログ:

「カフェ・スケッチ」No.01


拝読ブログ:

手ぬぐい







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長命の画家 | トップ | 荻須,30歳以降の作品 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。