哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

固有の存在価値

2015年03月10日 | yyy44物語はなぜあるのか

このことから、私たちはひとつひとつの物語をそれぞれ固有の存在価値があるものと捉えている、と考えることができます。物語を楽しむ人は、その物語が好き、あるいは面白い、身につまされる、ためになる、こわい、リアルな感じがする、本当にあった話のようだ、この話を役立てたい、人に伝えたい、書き残したい、その本を買いたい、そのビデオを録画したい、などと思いながら聞いています。


拝読ブログ:「うつくし教」を流布したい
拝読ブログ:その辺の生物の写真をただ晒すだけの場所



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次世代に伝える | トップ | かけがえのない物語格 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。