哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

大繁栄の故に崩壊

2016年05月14日 | yyy51侵略する人々


ローマ帝国の栄養補給システムは、農耕牧畜による食糧生産と都市商工市民の維持、徴税による軍隊と貴族・官僚層の維持に依存していました。技術発展により農耕牧畜の生産性があがり地方が豊かになり、商業交易が発達すれば、地方が中央に従属するメリットは小さくなります。軍隊・官僚は上層部からの管理が緩くなれば自然とアウトソーシング、下請け孫請け体制になり、傭兵や外人部隊が大半を占めるようになります。各地で外人部隊がクーデターを起こし地方政権を樹立するのは時間の問題でしょう。帝国に隣接する野蛮人部族は国境を越えて不法移民し、豊かな経済の恩恵にあずかるための大移動が起こることも当然でしょう。こうしてローマ帝国は、大成功し巨大化して大繁栄したが故に、崩壊したとみることができます。







拝読ブログ:


女人禁制「オスカルの楽しみ方」





拝読ブログ:


『007 スカイフォール』



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崩壊するタイミングだった | トップ | フン族は連戦連勝 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。