哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

シンボル認知と実像

2016年10月14日 | yyy54性的魅力の存在論


私たちの視覚に入ってくる現実の光景は三次元で時間変化する立体像がカメラ画像のように網膜に射影された刺激です。対象の移動と眼球の移動とによって私たちの視覚中枢は三次元立体を復元できます。この実像の復元法を経験しているから写真、マンガ、アニメなどの二次元データから脳内では実像から得る刺激と似た反応を起こすことができる。さらに私たちの脳は、音声や文字によるシンボル認知によっても、実像から刺激を得た時と同様の反応を引き起こせるような機構を備えています。








拝読ブログ:

阿澄佳奈は結婚していない 〜声豚のための独我論〜



拝読ブログ:

[研究][読書][雑記]雑記2007年10月22日(月)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンガはなぜ具象画 | トップ | ビーナスのようなリアルなヌード »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。