哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

アリスと赤の女王

2017年12月27日 | yyy60エゴイズムな人々


走っても走っても、いや速く走れば走るほど、周りの景色もついてくる。走るのをやめれば、もちろん、後ろに取り残されてしまいます。アリスと赤の女王の世界(一八六五年 チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン/ルイス・キャロル「不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland」)です。








拝読ブログ:


すべての始まりは一つの爆弾 先生を夢見る理由



拝読ブログ:

弥生時代、戦いと支配の神が持ち込まれた!-日本人は民主主義社会をつくれるか?(3)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつになったら実現する | トップ | 病原体と免疫との果てしない競争 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。