哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

妊娠出産と結婚制度

2015年10月16日 | yyy48絶滅する人々

人間の場合、妊娠出産は通常、結婚制度、あるいは家庭、家族、という社会体制の中で起こる。社会学、経済学、文化人類学などの学問のテーマになってきます。文学においても最大のテーマであり、少子化など社会問題になると政治のテーマにもなってきます。そういう事情で、議論はあちこちに飛び、だれもが参加できる分だけ、大衆的感情的な関心を呼びます。テレビや週刊誌の話題としても人気があります。





拝読ブログ:


料理下手で子育て詰んだ


拝読ブログ:

出生率上昇に家族のきずな?





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交尾出産しない理由 | トップ | 繁殖=妊娠出産育児 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。