哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

善い偽善者

2015年10月05日 | yyy47偽善する人々

偽善者にも悪い偽善者と善い偽善者がいる。善い偽善者は偽善者であることを見抜かれない。ばれない。ばれない偽善者は善人としてふるまうから、善人と同じことをするはずです。されるほうから見れば善人と同じことをしてくれる人ならば善人にしてもらうのと同じように幸せになるでしょう。それならばそれでもよいではありませんか?





拝読ブログ:


偽善者・・


拝読ブログ:

M・スコット・ペック、1983、「平気でうそをつく人たち PEOPLE OF THE LIE」



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽善者をかぎ分ける | トップ | 偽善を弾く »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。