哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

身体を見られること

2016年12月29日 | yyy54性的魅力の存在論


もちろん現実は理論のように単純ではなく、女性が男性の視線に違和感を持つ場合も多々あります。ホモセクシュアルになったり、視線に過敏すぎたり、あるいは逆に鈍感すぎたりして、ふつうには反応しなかったりする事例も現実には多くあり得ます。しかし通常、大多数の女性は身体を見られることに性的なコンテキストを感じ取って視線を送る相手を意識します。その場合、その視線を嫌う場合もあり、嫌わない場合もある。嫌う場合セクハラになりますが、嫌わない場合、女性がその視線を送る男性に性的魅力を感じることがあります。








拝読ブログ:

目に映る物が形が変わって見えてしまう白内障であったり加齢黄斑変性など…。



拝読ブログ:


発売中「虫のすみか」





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性的魅力に向ける男性の視線 | トップ | 女性の身体特徴の美しさ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。