哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

怪しげな情報源

2016年08月23日 | yyy52私はなぜ新聞を読むのか


たとえば江戸時代、村や町には寄合というようなものがあって、人々は情報交換、つまり噂やゴシップを楽しんでいたようです。人事情報、犯罪のニュース、物価相場、あるいは宗教的な説教や道徳教育もあったかもしれません。今の新聞に書いてあるような種類の情報を、それらの集会あるいは辻の立ち話で見聞きしていたのでしょう。それは現代の私たちの見方では、不正確な怪しげな情報源ですが、そのころの人々には現実そのものでした。








拝読ブログ:

トーキョーショー



拝読ブログ:

女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潜在的に受け入れる体質 | トップ | 幻想や精霊の動き »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子 (風竜胆の書評)
・女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子 ・脇田 晴子 ・角川ソフィア文庫  本書は、中世における女性芸能の流れを追ったものだ。我が国の伝統芸能は神楽から始まる。中世の ......