哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

行動の性的非対称性

2016年10月19日 | yyy54性的魅力の存在論


人類においても、その行動の性的非対称性は、当然、哺乳動物共通の雌雄二形身体構造にもとづく交尾行動が下敷きになっています。特に人類に顕著に表れる他人の身体運動の認知として性行動に共鳴しその神経活動をなぞる機構は、霊長類由来の進化過程で発生発展してきたと推測できます。性行動を構成する身体の二形非対称性の認知は同性の認知と同性への憑依を導き、その憑依経験は異性の認知を発生し性行動の自覚を発展させます。







拝読ブログ:

爆発的進化論



拝読ブログ:

シン・ゴジラ論のあとのシン・ゴジラ論



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男性女性の二形分類 | トップ | 二次的に差異を作り出す文化 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。