哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

テレビのコメンテーターと同じ

2017年10月02日 | yyy59塞翁が馬について


皆が怖がっているときは怖くない、と言い、皆が喜んでいるときに怖いことを言う。そうすればだれもが聞きに来ます。テレビのコメンテーターと同じです。








拝読ブログ:

革命前夜



拝読ブログ:

中途半端な人がいない現場



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 占い師は繁盛 | トップ | コメンテーターは洗練されている »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。