哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

生産の拠点の形態

2015年11月09日 | yyy48絶滅する人々

それぞれの時代の生産活動が異なることから生産の拠点の形態も大きく異なっています
狩猟採集の時代であれば狩猟と採集の集団。農耕牧畜の時代であれば、農作業や道具製作の集団、武力活動の場合は軍隊。また百年前の近代先進国社会では、産業生産の拠点、すなわち企業、政府、学校、軍隊など組織機構への就職でしょう。






拝読ブログ:


1119森岡孝二著『雇用身分社会』




拝読ブログ:


毎月勤労統計に見る不可解な夏季ボーナスの減少をどう考えるのか?




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生産の単位である家族 | トップ | 生産拠点は家庭 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。