哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

異民族支配が特に深い歴史上の例

2016年07月15日 | yyy51侵略する人々


侵略後の異民族支配が特に深く、言語(母語)まで置換した歴史上の例としては、古代ではローマによるガリア侵略、中世ではアングロサクソンによるイギリス侵略、近世近代ではロシアによるシベリア侵略、スペイン、ポルトガルによる中南米侵略、イギリスによる北米、オセアニア侵略などがあげられます。現代に近くなると深い侵略は少なくなってきますが、十九世紀のアメリカによるハワイ侵略などの例では現地言語が滅亡しています。







拝読ブログ:

●「世界の警察官は4ヶ国でスタート」(EJ第4320号)



拝読ブログ:

ヘリ空母いせ見学



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栄養補給システムの効率格差 | トップ | 虐殺を伴う被侵略者の人口激減 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。