哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

空理空論として見捨てる

2017年02月14日 | yyy55長寿と夭折


複素数空間の操作を駆使して代数方程式の解法を埋め込んだ(代数学の基本定理)ガウスは、当然、有理数、複素数の体論的、群論的性質を熟知していたはずですが、ガロア論文の高度な抽象性が萌芽する強力な発展性には気づかず、空理空論として見捨てたのかもしれません。









拝読ブログ:

クレーマーに必要なのは「再教育」



拝読ブログ:

今日は陽明学者安岡 正篤の誕生日です



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハン・カール・フリードリ... | トップ | ガウス分布と最小二乗法 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。