哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

皆が善人である

2015年10月07日 | yyy47偽善する人々

私たちの身体の作りがそうであるならば、社会をうまく維持していくためには、皆が善人になろうとしなければなりません。皆が善人である、いちおうそうである、としなければなりません。実際、それが現実のこの社会なのです。

きれいは汚い。汚いはきれい(一六〇六年頃 ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」Macbeth (1.1. 11-12))。■



(47 偽善する人々 end)




拝読ブログ:


ハロウィンと恵方巻


拝読ブログ:

地平線に沿ひたる雲に区切られて青と紅とに空は染まりぬ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偽善を弾く | トップ | 絶滅する人々 begin »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。