鶴君の機関車観?(館?)

鉄道大好き!機関車大好き!鶴君のブログです。機関車ネタを中心に旅行あり、B級グルメありの雑記帳です。ご覧ください。

夏の旅行から~富山で鉄道模型?「喫茶ブルートレイン」

2016年10月19日 23時01分09秒 | 旅行
10月となりやっと涼しくなったと思いきや・・・ここ数日暖かいですね(笑)10月も半ばだというのにこの陽気はないですよね!聞けば9月初旬の暖かさだとか・・・身体がついていきません。参りました!

さて、暫らくあきましたが、今回は夏の富山旅行の話です。今回は非鉄のような鉄のようなというネタです。申し訳ありません。
富山旅行では、まず滑川のホタルイカミュージアムに行き、そのあと立山駅付近で撮影を楽しみました。その後、富山市内に戻りチェックインするはずだったのですが、思ったより早い時間に市内に入れたので、ここに寄り道しました。富山の中心街の宿から、歩いても行けそうな距離の喫茶店「ブルートレイン」です。この名前でピンと来た方もいらっしゃるでしょうが、フジテレビの「笑神様 鉄道BIG4」で紹介された、HO鉄道模型が店内を走り回る喫茶店です。テレビを見る前から知ってはいたのですが、テレビを見て行きたくなってしまったので、嫁をだまして(笑)立ち寄りました。

まずは外観です・・・


喫茶ブルートレイン  2016.8.17 CANON IXY120S

外のショーケースにもHOの鉄道模型が並んでいて、心の中をわしづかみされた気分で中に入りました。
中は・・・店の中じゅうHOの線路が敷き詰められており、様々な車両が飾られていて、もう舞い上がってしまいました。嫁は・・・完全にあきれていました。コーヒーを注文しまして、店主に撮影許可をいただき店の中を撮影させていただきました。


喫茶ブルートレイン  2016.8.17 CANON IXY120S

完全に舞い上がっている私です!展示されている車両と、レイアウトを走ってきたEF510の貨物列車です。ショーケースは列車の窓を模していますし、椅子も旧型客車をイメージしているのか、いい雰囲気です。
新型のE7(W7?)新幹線も走っていましたが、自作車両のようでした。すごいですね・・・


喫茶ブルートレイン  2016.8.17 CANON IXY120S

カウンターの奥には、富山地鉄の車両が多く停車していました。一段高いところには、セントラムなど路面電車の走る街も表現されていました。
その中でも、私は富山地鉄の元西武5000系レッドアローや、ダブルデッカー車を組み込んだ元京阪3000系テレビカ―などに目を奪われました。

美味しいコーヒーをいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。寡黙なご主人でしたが、帰りがけに「自作車両はペーパーですか?」と尋ねたら、「ファイバー製です・・・」とお話を伺いました。私たちが栃木から来たことを伝えると、笑顔で「そんな遠くからとわざわざと・・・」喜んでいただきました。

嫁もおいしいコーヒーと自家製コーヒープリン(だったかな?)をいただき満足していました。また行きたいお店ですね・・・ご主人ありがとうございました。また伺いますので!

さて、夏の富山旅行シリーズの次回は、夜の街に繰り出します。おいしかったですよ(笑)
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしの東武3050系 | トップ | 夏の旅行から・・・夜の富山... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きな仕事。 (ZAITO)
2016-10-20 08:13:29
好きなことを仕事に生かして羨ましいですが、苦労もあるのでしょうね。
富山に行ったらぜひ立ち寄りたいです。

鶴君さま。想像していたよりずっとスリムですね。は全然メタボじゃないですよ。
楽しい場所ですよ! (鶴君)
2016-10-22 22:03:26
ZAITO様
いつもコメントありがとうございます。

喫茶駅「ブルートレイン」楽しめますよ。おすすめです!
確かに好きなことを仕事にするというのは、苦労もあると思います。でも、はっきり言って羨ましい限りでした(笑)

スリムだなんて・・・先日の人間ドックでもメタボだと言われてきました。確かに体重は変わらないのに、ウエストが増加していました・・・年齢ですかね?!油断するとすぐ結果にでてきます(涙)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。