旅するウメボシイソギンチャク

アートと自然を私なりの視線で紹介します。虫眼鏡を持って歩くも好し。深い海を夢想するも好し。

境川をゆるゆると

2017-03-21 11:54:23 | 日記
ジオツアー三島43 境川下流域を歩きました
狩野川との合流水門付近から、ゆるゆると境川の流路をたどりながら上ります
狩野川の土手はサイクリングやジョギング、犬の散歩をする人たちで案外にぎやか

富士山はちょっと厚化粧 
つくしもスクスク










台風による浸水で河川改修された箇所や
自然の風景も残って河川は姿を変えます









弥生時代には青木橋での河川争奪が終了し
境川中流域は遺跡分布からみても
涸れ川になっていたことがわかるそうです

下流域の水源に近い丸池(新池)
綾部養魚場跡地(平成建設買い上げ)や清住緑地を含めて
公園整備がすすめられています
湧水源頭は千貫樋よりすこし北にあるそうです







ちょっと不思議な川底
石のサークルの中央にあるのは (?_?)
水が出ているのか落ちているのか
見目(みるめ)神社付近






崇徳院にあった石碑「飲酒した人は入ってはいけません」 
溶岩樹形を龍にみたてた庭石








境川下流から長伏、的場、畑中、松本、戸田、平田
久米田(くまいでん)、堀之内、玉川と続く土地名は
三島市になったり清水町になったり
そもそも境川とは、源頼朝が駿河と伊豆の国境としたことから名づけらたという一説



土塁の残る藤泉院(とうせんいん)の倉





禅叢寺(ぜんそうじ)の鐘楼門は釘が1本も使われていないそうです
江戸時代の禅宗建築様式 端正なお寺
偶然本尊の伝聖観音菩薩坐像をみることができました
理知的な美しい面貌でした














丸池の水が抜かれ、池底に残った筋状の模様
自然にできた流路かな
もしかしたら犯人は写真奥のカモかも 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなで花を咲かせましょ | トップ | 伊豆長岡温泉から北へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
境川 (閑人亭)
2017-03-24 10:25:26
去年の秋、狩野川接続部から三島駅西の起点まで、多摩美大の関係者三人を徒歩で案内しました。五時間!全国の境川を踏破が目的の人たち。

   ちょっと不思議な川底
  石のサークルの中央にあるのは (?_?)

これ、何でしょう。人が見当たらなかったので、疑問のままです。

養魚場跡の2階建ての廃屋の中(コンクリの床)から湧水が噴出しています。今しか見られない光景です。廃屋も無くなります。
一昨日ワークショップがありましたが、いいアイデアが頻出。ワクワク、です。
境川の旧流路 (つるちゃん)
2017-04-13 11:26:20
境川の下流域について今回はだいぶ勉強になりました。河川沿いに残る社や寺は歴史を物語っていますね。
さまざまな(?_?)をみつけるのが私流の旅です。調べてつなげる楽しみに目覚めています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。