toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「拷問遊園地」 大沢在昌

2017年03月06日 | 読書日記
シリーズものと知らずに手に取ってしまった。鳥羽亮の「はぐれ長屋」のように親切な説明が無いので設定が分かってくるまでちょっと大変だった。

主人公の父親はあることをするのに、何でわざわざそんな遠回りを・・・と言う行動に出るが、これが大沢流のハードボイルドだと割り切ってしまえば、すんなり読み進められる。

とにかくスケールが大きくすぎて、非現実的などというレベルを超越している。



講談社文庫
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「きらきら眼鏡」 森沢明夫 | トップ | 「青空の街」 池波正太郎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む