toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「リーチ先生」 原田マハ

2016年11月12日 | 読書日記
陶芸家バーナード・リーチの史実に基づいたフィクション。

リーチを師と仰ぐカメちゃんの働きがありリーチが成功を収め、その後リーチのものを巣立ったカメちゃんの息子と対面するところから物語が始まる。
前半はちょっともたついた感じがあるけれど、中盤から俄然面白くなっていく。リーチの才能と行動力もすごいけれど、沢山の素晴らしい仲間に出会い、そして彼らに支えられて才能を開花させてゆく様子が生き生きと描かれている。

最後はやっぱり一発自摸(笑)。



集英社
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「校閲ガール トルネード」... | トップ | 「小松左京の猫理想郷」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む