toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「クジャクを愛した容疑者」 大倉崇裕

2017年07月15日 | 読書日記
多分シリーズ第4作(読んだのが4冊目)。

相変わらず面白くない薄のボケが多すぎてはっきり言ってページの無駄になってるけれど、物語は面白い。
ページの無駄がもう少し少なければ一気読みだったけれど、読んでいてそこで躓いてしまう。
何とかならないかなぁ・・。

薄が圧倒的な推理力を発揮して事件を解決するところは全く現実味がないけれど、面白ければ良い。。




講談社
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「球道恋々」 木内昇 | トップ | 「腐れ梅」 澤田瞳子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む