toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「字が汚い!」 新保信長

2017年05月15日 | 読書日記
子供の頃は大人になったら自然に字がきれいなるものだと思っていたけれど全くの勘違いでした。
自分で書いた字が後で読めないなんて当たり前。ワープロは私のために開発されたと思ってる。

著者の自筆がいくつも載ってるけれど、私からすれば「どこが汚いんだ?」のレベル。
参考に載せてある写真の中では石原慎太郎の原稿の文字も読めないけれど、汚い字では無いと思う。

著者は自分の字にコンプレックスが有って、何とかしようとする過程をリポート風にまとめたものだけど、みんな考えることは同じですね。。




文藝春秋
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「楽園」 夜釣十六 | トップ | 「銀簪の絆」 鳥羽亮 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む