toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「水に立つ人」 香月夕花

2016年10月18日 | 読書日記
ちょっとだけ変わったところがある主人公が新たな一歩を踏み出そうとする内容の短編集。
最後の表題作の主人公の気持ちはよくわからないな。。

「耳障りの良い言葉」という表現があって、言いたいことは分かるけれど日本語としてはおかしいよね。
工学部出身の著者には正しい日本語を使ってほしいです。



文藝春秋
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生命のしくみ」 池上彰 | トップ | 「オライオン飛行」 高樹のぶ子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む