toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「娘連れの武士」 鳥羽亮

2017年05月16日 | 読書日記
シリーズ31巻。
これで途中で抜けている巻はすべて読んだということで、新刊を待つ状態になった。

今回は菅井を「父上」と呼ぶ幼子が登場するところから物語が始まる。このシリーズも色々手が込んできた(笑)。
最後はいつものように事件を解決してめでたしめでたし。




双葉文庫
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「銀簪の絆」 鳥羽亮 | トップ | 「涙はふくな、凍るまで」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む