toshiの「読書日記」

読んだ本の感想などを書いています。個人的な感想なので意見が違ったり不快に思われたりすることも有るかもしれませんがご容赦。

「桜風堂ものがたり」 村山早紀

2016年10月08日 | 読書日記
久しぶりに良い小説が読めました。

桜風堂(書店)は3分の1ほど進んだところでようやく名前が出てきて、真ん中くらいから物語の舞台になるのでこのタイトルはちょっとおかしくて、実際は主人公が目を付けた新刊本をいろんな人たちが協力して売って行こうという話。

登場人物はみんな本好きな良い人ばかりだし、大きな出来事もないけれど最後まで一気に読める。
主人公が描いていた表紙のようなカフェを併設した本屋さんをはじめて、本当の「桜風堂ものがたり」が続編で読めれば良いけど・・・。



PHP研究所
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「朝が来るまでそばにいる」... | トップ | 「青い海の宇宙港 秋冬篇」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書日記」カテゴリの最新記事