Tsuny'sブログ
老人が感じた日常生活を気ままに綴ったあれこれ
 



神居古潭は、旭川市の景勝地で八景の一つだ。

旭川市西方の上川盆地を抜けた石狩川が石狩平野に境に位置し、狭まった谷を急流となって両岸の四季折々の彩る絶景だ。

特に秋の紅葉時期は、黄金の森に囲まれた石狩川と真っ白な吊り橋が調和した渓谷は実に見事だ。

            

今年の紅葉最盛期を予想していたが、雨天の日が続いていたので、観楓に出かける好天の日をうかがってた。

晴天ではないが、雲の切れ目からの秋の日射しを受けた紅葉を観ることのできる日に恵まれた。 

          

          

最盛期は過ぎていたようで、残念にも思えたが、全枝に色着いた葉が満帆だったはずの楓の合間から吊り橋が見える美しい景色に出会えたのは幸いだった。

               

サイクリングロードになっている旧国鉄のトンネルをくぐり抜けると、神居古潭の全貌が見渡せる展望のいい場所があって、絶景を堪能できる。

          

こんな素晴らしい観光地を、もっと活かすことが出来ないものかと、神居古潭を訪れる度に思っているのだが・・・。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 日本ハムファ... 夏冬共存の日... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。