Tsuny'sブログ

老人が感じた日常生活を気ままに綴ったあれこれ

懐かしい旭川東高校正門のポプラなどの展覧会

2017-04-20 23:13:27 | Arts

水彩画や木版画作品で表現した旭川市の懐かしい景観の幾つかを展示した展覧会を旭川市の喫茶店「遇里夢」のギャラリーで開いている。

      

建て替えられた建物や、開発が進んだり暴風のため失われた木立のため、今は見ることができない景観の絵画の中から、小品31点を展示している。

         旧旭川市役所

現在の市役所に建て替えが決まったことから、木版画で残したいと思い、木版画を始めた頃の昭和32年に制作した。

 現在の旭川市役所が昭和33年(1958)に建替えられるまでの旧市役所のことは忘れられているが、区制施行で旭川区になった大正3年(1914)頃の古い写真から、それ以前の建築だったことがわかり、シンボル的な美しい景観だったことが推察できる。 

                           区制施記念写真

 

懐かしさが溢れるのは、母校の旭川東高校の正門に、雄々しくも気持よくスックと立ち並んでいたポプラだ。

                             

常磐公園の台風で倒れたポプラも、石狩川と一体化工事とかの理由で、何とも惜しい倒されたポプラも殆ど見られなくなり、寂しい公園の景観となった。

         

失ってしまった景観を懐かしむだけでなく、都市の景観のビジョンに見通しもって都市つくりを望む気持ちも込めて展示した。

 萩原常良作品展」は4月18日から4月29日まで、「ギャラリー遇里夢」は、9:00 ~17:00までオープン 23・24日休み

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好評のこしたみさ絵本原画展 | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしかったです (misa)
2017-04-21 04:13:37
どれも始めて拝見する作品ばかりで
素晴らしかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。