Tsuny'sブログ

老人が感じた日常生活を気ままに綴ったあれこれ

座れば牡丹の次は立ち姿美人の芍薬

2017-06-09 22:14:39 | 自然の恵み

花たちが一気咲き出す季節到来したので、庭の花たちを巡るのが楽しい。

庭の花たちの中で、華やかな大輪の花が咲き出すと、その存在感で周囲が一変する。

       

今年は、白いツツジの花が咲かないのは、どうしてなのか不明。

       

石楠花は、まばゆく華麗に咲いたが、今年は一段と花数が増えたのがうれしい。

 

花姿がそっくりの芍薬に先駆けて華麗に咲いた牡丹は、最盛期が終わりかけで、低温が続いた上に強風のためか乱れてきたが、大輪の花の王者らしく魅力満点。

       

花茎にどっしりと咲く姿が、座る姿を美人を形容する牡丹だが、一輪ではなく沢山咲くと豪華なので、その美人群に圧倒される。

牡丹は晩春、芍薬は初夏に咲く花と言われるが、当地では牡丹の終わりと芍薬の開花がオーバーラップする。

間もなく開花する芍薬の蕾は、見事な球体だが牡丹は球体の上部が尖っている。

            

咲いてしまうと花だけで見比べると、どちらが牡丹か芍薬かの区別するのは難しいが、葉の形状・開花時期・蕾などで判別できる。

芍薬は立ち姿の美人に例えて、すらっと花茎の咲くので「立てば芍薬、座れば牡丹・・・」のとうり、なるほどねっと納得する。

 
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ズズランの咲く頃 | トップ | ふるさと通信/緑輝く旭川の6月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然の恵み」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。