くぎのスープ

短歌とそのほか

挽歌

2017-06-19 | 短歌

長い指をゆっくり解かれまた組まれ納棺の儀は無音の中に

東京歌壇 東直子選 2017年月4月2日 

(本名で投稿しています)


わたしにとって義父はそれほど近しい存在ではありませんでした。

失くなって見えたこともありますね。義母との関係とか。


そういう役割で式に臨むのは初めて。

いろいろとわたしなりに気を配って頑張って義父を送ったつもりでした。

義姉や義妹にも頼りにしてもらえてうれしかったです。

でもね。


『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 燕飛ぶ | トップ | わたしより »