あのなつ日記

毎日、色々な事を考えてます。

愚妻は素晴らしい!

2016-10-11 12:07:19 | コラム


YOMIURI ONLINE がやっている「発言小町」って、おもしろい。
もちろん、男女(恋愛・結婚)のコーナーが(笑)。



そこに『愚妻って、言葉はもうやめませんか?』とか言うスレがあった。
以下、『愚夫って言われたらイヤでしょ?』『妻を人前でけなすなんて・・・』とかの書込が多数。



そこで、例によって、日本語教室*゚∀゚)ノ。

「つまらないモノですが・・・」と同じ様な使われ方なので、「愚かな妻ですが・・・」と言っている様に聞こえる?
つーか、調べてみるとその様な意味で書いてある辞書もチラホラ。
おいおい、辞書が間違っちゃ、ダメじゃん(-""-;)。



謙称は自分に対してのみ使用されるのが、日本語の大原則。
いくら妻が身内だとしても、自分自身ではありません。
なので、この場合の「愚」は自分自身の謙称、”愚かなる私”と言う意味。
訳すと”愚かなる私のその妻”と言っているだけなんです。

上記で解ると思いますが、合わせて「ウチの愚妻」と言う表現も間違い。
「愚」が自分自身を表しているので、「ウチの」を付けると、重言(二重表現)になるからです。

ちなみに「恐妻」は割合最近の言葉、「荊妻」は中国の故事からなので、謙称ではありません。
こちらは、妻そのものを修飾していますでの、使用するときは、お気を付けて!



P.S.
同じ様な使われ方に「拙著」があります。
”拙なる自分が出した著作”と言う意味で、けっして著作物の出来をけなしている訳ではありません。
これも調べてみると、間違っている辞書が多いです┐( ̄~ ̄)┌。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒木vs道場 | トップ | 丸千製麺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。